即効性を求めるならレビトラ

レビトラは即効性のあるED治療に効果のあるお薬です。特徴としては食事の影響を受けにくいことです。バイアグラの効きが悪かった方は即効性が高いレビトラを一度お試しください。

レビトラの画像

レビトラはなぜすぐ効くのか

レビトラは三大ED治療薬の一つであり、国を問わずにEDに悩まされている男性の間で非常に人気の高い治療薬の一つとなっています。三大治療薬は同じED治療薬であってもその効果については違いがあり、レビトラの場合は服用してから効果が現れるまでの時間が早いという事が挙げられます。食事の影響を受けにくいのも特徴の一つであり、効果が現れるまでの時間は空腹であるかどうかによっても異なります。通常は行為を行う1時間前に服用するのが望ましいのですが、空腹時であれば20分程度で薬の効果が現れるのです。レビトラに用いられているマークはマッチの炎を表していて、マッチは擦るとすぐに火が付くようにレビトラも直ぐに効果が現れるという事を表しています。どうして即効性があるのかというと、主成分であるバルデナフィルが水に溶けやすいという事がかかわっています。これは他のED治療薬にはない特徴であり、そのおかげで最高血中濃度に到達するのも早くなっているのです。効果の持続時間は成分の含有量によっても異なりますが、10mgで5時間程度、20mgだと10時間程度の持続効果があると言われています。なお、レビトラだけに関わらずに他のED治療薬にも言える事ですが、ED治療薬を利用した事が無い人は服用する事によって効果が続いている間はペニスが勃起しっぱなしになるのではないかという心配をする人がいますが、ED治療薬はそのような効果がある訳では無いです。レビトラは勃起した後の勃起状態が継続するのを助ける作用があるのであり、勃起するためには性的な刺激を受ける必要があります。そのために服用した後は5時間から10時間程度はずっと勃起しっぱなしになるという訳では無いです。

レビトラを選ぶメリット

レビトラは、ED治療薬として開発されたバイアグラをさらに改良、改善して作られた薬のことを言います。元々、バイアグラはED治療薬として多くの欠陥がありました。バイアグラの時代にあった治療薬の問題点を改善して作られたのが、後年に開発されたレビトラなのです。実際に、後年に開発された治療薬に関しては、その殆どが初期型のバイアグラの成分を改良することによってより良い薬の開発に役立てています。即効性をより強化したレビトラに関しては、その即効性の効果によってバイアグラの時のように大きな副作用が生じないように考えられています。例えば、バイアグラでは食事と一緒に摂取すると身体機能に異常が見られることも多々報告されてきたのですが、後年に開発されたレビトラについては薬の成分と食事の成分が競合しないように工夫して薬が開発されています。食事の目分量としてはカロリー数で把握されていて、一定のカロリー数の範囲内であるのならばたとえレビトラと食事を一緒に摂取したとしても身体に重大な副作用が生じることはありません。ただ、特定の食べ物と一緒にレビトラを服用することによってものすごく身体に悪い影響が出ることも例外的にあります。その例外的な食べ物というのは、グレープフルーツです。グレープフルーツに関しては、レビトラだけではなくED治療薬全般と相性が悪く、一緒に摂取すると身体機能が著しくおかしくなってしまうことも報告されているので薬を服用するときには絶対に一緒に服用してはいけません。こうしたごく一部分の例外を除けば、レビトラはバイアグラとは比較にならないほど優れています。即効性のあるED治療薬では一番と言っても過言ではないので使いやすい薬と言えるでしょう。

レビトラが効かない場合

レビトラは男性機能に不安を感じる方に良いお薬です。EDは主に高齢男性に多く見られる体調不良ですが、病気や怪我、精神的なプレッシャーによって、50代以下の男性でも発症します。男性不妊の原因としてもEDは社会問題化しており、レビトラを服用する事で子作りがスムーズになる可能性は高いです。性欲がゼロになる事と勃起力がゼロになる事はよく似ていますが、本質的には別々です。セックスを行いたいという欲望がなくなれば、そもそもEDについて悩みません。スポーツや芸術、ビジネスなどに熱中している男性は性欲が健康的に衰退します。しかし、性欲はあるものの、勃起力だけが喪失しますと、肉体と心のバランスが乱れ、強いフラストレーションに苦しめられます。レビトラはED治療薬として非常に高い信頼性を持ちます。男性機能を数十分で再作用させる効能を持ち、他のED治療薬よりも効き目が強い特徴があり、ペニスの先端部が速やかに固くなります。ただ服用者の中にはレビトラが効かないと話す方々がいます。その原因として考えられるのが、食事の影響です。レビトラは既存のお薬よりも飲食の悪影響を受けづらい製品ですが、ED治療薬は基本的に食前の摂取が原則です。軽食の範囲ならレビトラの薬効は正しく機能します。しかし、700キロカロリーから800キロカロリー以上の飲食をした後にレビトラを服用した場合、ED治療の効用が食事に含まれる脂質などで妨害され、結果的にほとんど効かないという結果に至ります。またレビトラを飲んだが、全く勃起する気配がなかったと話す方もいらっしゃいますが、ED治療薬は服用後、自動的にペニスを勃起させる製品ではなく、異性から性的な刺激を受けなければ、そもそも勃起の指令を送る脳内のスイッチが入らず、本人は薬効が効かないという感覚になります。