即効性を求めるならレビトラ

レビトラは即効性のあるED治療に効果のあるお薬です。特徴としては食事の影響を受けにくいことです。バイアグラの効きが悪かった方は即効性が高いレビトラを一度お試しください。

レビトラの画像

レビトラの1番の特徴は即効性

ED治療薬として、もっとも認知度が高いものといえば「バイアグラ」ではないでしょうか。
日本で発売される前から個人輸入などで出回り、良くないニュースでも有名になった治療薬です。もちろん正しく服用することにより素晴らしい効果が確認されている安心して使用できる治療薬です。
そのバイアグラの次に誕生したのがドイツに本社を持つバイエルン薬品が製造販売する「レビトラ」です。
「男性の生命」という意味が込められているこの治療薬の1番の特徴は、他の治療薬に比べ「即効性がある」と言う点です。
レビトラは有効成分として「バルデナフィル」を含有しています。この成分はエタノールまたは水に溶けやすい性質を持っていて、他の治療薬(バイアグラやシアリス)にはないレビトラ独自のものです。
そのため最高血中濃度に達する時間も42分から54分と、ED治療薬3剤の中でも最も早くなっています。
レビトラに限らず、他のED治療薬にも言える事ですが、「服用すれば勃起する」と勘違いしている人がいまだにいるようですが、そういった薬ではないと言う事を理解しましょう。
性的刺激を受け性的興奮した後、いざ勃起をした時にそれを補助してくれる薬だと言う事を忘れてはいけません。
もちろん性的興奮作用や性欲増強作用などの催淫効果もありません。なので、服用したからといってすぐに勃起し、収まらなくて困ってしまうなどと言う事もないので安心してください。
注意点としては、やはり副作用があげられます。レビトラの副作用としてはバイアグラ同様、効果が表れた時に顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸、鼻詰まりなどがあげられます。
もうひとつ注意すべきはバイアグラ同様にネット上には個人輸入のサイトが多くありますが、品質が保証されているものとは限らず偽造薬品の可能性も否定できないため不純物混入による健康被害などの危険性があります。
必ず医師の処方により服用するようにしましょう。

レビトラのジェネリックでも即効性はあるのか?

レビトラは、ドイツのバイエル社が開発・販売しているED治療薬です。バイアグラに続く第2のED治療薬として多くの男性が注目し、世界中で愛用されています。
レビトラの特徴は即効性です。従来のED治療薬は服薬してから発現するまでに30分~1時間ほどかかるとされていましたがレビトラは15分~30分で発現するため、以前に比べて服薬ストレスがなくなりました。
また食事の影響を受けにくくなったため、食後すぐの服薬も可能です。ただ、従来のように空腹時に服薬したほうが効果的とされているので、より高い即効性や効果を求めるのなら空腹時に服薬するのがいいでしょう。
さて、レビトラにはジェネリック医薬品も存在しています。
現時点ではインド製のジェネリック品のみですが、薬価が安いということで多くの利用者がいます。しかし気になるのはレビトラと同じ効果は得られるのかということでしょう。
ジェネリック品は新薬と同じ主成分を使用して製造する医薬品です。
もちろんレビトラのジェネリック品も主成分にバルデナフィルを含有しているので、同じように即効性があると考えていいでしょう。
しかしバルデナフィル体質的に合う合わないはあるので、全ての人に効果的かというとそういうわけではありません。そのため、まずは試してみる必要があります。
ED治療薬は、個人輸入でなら素人の判断でも購入できるとしていますが、本来は医師に処方してもらう医薬品です。
副作用や禁忌事項もある薬なので、安全性もかねて初めは医師の診察の元でレビトラを処方してもらい使用するのがおすすめです。その上で安全性が確認できたらレビトラのジェネリック医薬品を使用するのもいいのではないでしょうか。

レビトラの長期的服用は可能なのか?

現在ED治療薬として処方されているレビトラはED症状が出ている間継続的に服用しているという人も多いですが、そうした人の多くが持つ疑問となっているのが「長期的服用は大丈夫なのか」ということです。
基本的に薬は長期間飲み続けることを想定していないものが多いですし、中には依存性の強い薬もありますから自分から警戒してこうした不安を持つことは悪いことではありません。
さて、ではレビトラの長期的服用はどうなのかというと、まず副作用や依存性ということで言えば問題は無いでしょう。
副作用が全くないわけではありませんが薬の中ではかなり少ない方ですし、依存性もほとんどありません。
精神的に「レビトラが無いと勃起が出来ない」と思い込んでしまうケースがあるというのは確かですが、そうした点に注意さえすれば副作用や依存性といった点では問題ないと言えます。
またたまに見受けられるのが「レビトラを飲み続けたことで耐性が出来てしまった」という人なのですが、実際のところレビトラの長期服用で耐性が付いたという報告はほとんどありません。
もちろん薬である以上耐性が絶対に付かないと断言できるわけではありませんが、少なくとも臨床試験データなどの中で明らかに耐性が付く可能性があるとして断言できるようなデータも無いのです。
従ってこの体制と言う部分に就いても基本的には気にしなくて良いでしょう。
ただこうしたことを見ていつまでもレビトラを飲んでも大丈夫だと考えるべきかと言われればそうではありません。
あくまでもレビトラは薬であり、EDという症状の治療を手助けすることが役割です。
根本的な原因があるのならばそれを治療しない限りEDはいつまでも続くことになりますから、必要に応じてレビトラを継続服用するのは問題ないものの、根本的原因を放置していつまでも飲み続けるのは良くないのです。

▼ジェネリックの正しい知識を付けて正規品を購入しましょう
バイアグラの正規ジェネリックとは
▼レビトラのジェネリックもあります
バリフ